SONYウォークマン1979年-

waikmansaru0


ウォークマンと呼べるのはWalkmanだけ
おひとりさま文化を作ったソニー

 自分のひとりだけの【音空間】をつくりだしてくれるのはSonyのWalkmanからAppleのiTuneに代わったけれど。ウォークマンが発売されたときの衝撃にはかなわない。ステレオで音楽が携帯して聴ける、それだけで衝撃だった。発売当時のポータブルラジカセはまだモノラルのものが多かった。

 初代のウォークマンにはミュートボタンとマイクがついていて、それを押すとボリュームがさがり人とマイクを通して会話できるという優れものだった。またヘッドフォン端子は二つあり、カップルにはまたとない機能だった。こうした機能は、それを使いこなし新たな文化を生んでいく。

sonywalkmantop

「ウォークマンとよべるのはウォークマンだけ」というすごいコピーパワーと共に、ウォークマンを聴きながら猿が涙を流している? CMと話題には事欠かない「It’s a SONY」 のCMあとオレンジ色のロゴマークとともに強く記憶されている。


日本だけのネーミングだっWalkman
それが世界共通に

 ウォークマンブームの前にあったデンスケブーム。「生録ブーム」は、磁気テープに音を録音するというもの。その録音するという機能を省き、単に磁気テープを再生させるだけの機器という、なんともシンプルな構造が当時は全世界でばかうけした。こうした進化もデンスケがいち時代を風靡したように、それから次世代の発明がうまれるのだろうと当時は思った。

 発売当初は日本国内だけが「ウォークマン」という商品名だった。日本へライブにやって来た外タレと当時呼ばれたミュージシャンが日本みあげに「ウォークマン」を買って帰り、この「ウォークマン」という名称がソニーと共に世界ブランドとなっていった。

itune0

 カセットケースがまるで音楽を奏でるかのような機器・ウォークマンのボリュームを目一杯にあげて、仕事帰りの夜道を歩くのは自分だけの音楽の世界に浸れて最高だった。誰に迷惑をかける訳でもなく、どこの場所に居ようが自分は自分、そんな気にさせてくれる相棒がウォークマンであった。そしてお気に入りの公園のベンチでウォークマンを聴きながら休んでから部屋に戻る日もあった。

 私の彼女もウォークマン信奉者で、よくよく考えてみると女の子はそれほどラインインだのアウトだのドルビーだのそんなことは深く考えない、説明書すら読まない。だけどウォークマンなら押すだけで音楽が聴ける。そのシンプルさがよかったのではないだろうか。そしてウォークマンをステレオに繋げる方法を知っているだけで女の子の部屋にお邪魔することが出来た時代でもあった。

 ウォークマンはその後進化し続けて、カセットテープからCD、ラジオ、ビデオテープ、DAT、MD、HiMD、ビデオ、DVD、メモリースティク、ハードディスクへと記録媒体が変化していく。しかし、ハード・ディバイスが変化しただけで、聴いているのは誰かが創りだしたソフト・アート芸術、そう音楽だけれど。それが無ければこうした機器も宝のもちぐされなのである。ストラディヴァリウスやマーティンも奏でるものがいなければ何のしあわせも生み出せない。

 当初はシンプルな再生だけが出来る電気機器だったが、録音もできるウォークマンや太陽光パネルがついたソーラーウォークマンなんてのも発売された。今から考えればすごい先どりだったのだが、、いまあまりにも瞬時に音楽を聴ける、それはそれですばらしいことなんだけれど、音楽への接し方があの時代の随分違う今の自分がいることに、すこし違和感は感じている。

 それは音楽を紡ぎだしてくれているアーティストやそれを伝えてくれている機器に対する敬意というものが薄らいできているからだとおもう。ハイレゾがそうした音楽を聴くという行為にどうかかわってくるのかも楽しみなんだが。


お気に入りの音楽を聴く
それは全世界共通

 いまも基本的には音楽を聴いて、ひとりの世界にはいれる機器は、いまだに残っている。その選択肢は広くなったけれど。マラソン選手が試合前にウォークマンで音楽を聴いているシーンなど観ると、こうした機器の基本は、それを持つことの喜びというよりも、それを使って自分の好きな世界に浸れるという行為だ。たぶん「お気に入りの音楽を聴く」という行為はこれからも不変なのかもしれない。そうしたしあわせをつむぎだしてくれる、どんな「モノ・商品」が出てくるか楽しみなのだぁ。

スポンサーリンク