富士写真フィルム・フジカラー写ルンです1986年-

1986年7月に発売されたレンズ付きフィルム、1380円。SuperHR100とあるがこれはISO100感度のフィルムという意味。当時はアメリカ規格ASA400の感度が高いフイルムが発売されてそれが主流になる

1986年7月に発売されたレンズ付きフィルム、当時1380円。SuperHR100とあるがこれはISO100感度のフィルムという意味。後にアメリカ規格ASA400の感度が高いフイルムが発売されてそれが主流になる


写真を撮る行為を100%変えた
私でも撮れるんです、写るんです

 1960年代から70年代、写真を撮ろうとおもうと重たいカメラにフィルムを入れ、そのフィルムも感度ASA100で、それゆえくらい場所ではシャッター速度も遅くなり三脚撮影が普通だった時代。写真が今のように気軽に楽しめる文化を創ったのがこのフジカラー写ルンですだ。フィルムにレンズを付けた画期的な商品。第1号は1986(昭和61)年にカートリッジフィルム方式のオートワンテンフィルムを使う「写ルンです」、この商品が写真文化を変えてしまった。

 フィルムも従来のフィルムを使い、後に夜間撮影もできるようにとフラッシュまで付いた。見た目はフィルムのパーッケージを大きくしたようなものだが、そこに暗箱とシャッターを付けた素晴らしい商品だった。プロカメラマンも、ポケットには忍ばせていた。そして瞬時にシャッターを切れるスグレモノだった。

ururundesude-mon

 ありふれた日常をスナップするには【写ルンです】は最高のアプリだ。「ぱぁぱぁ~」パシャ!そんな写真文化を生み出すCMも秀逸だった。デーモン小暮閣下がお父さん役で、お父さんを撮ろうと子どもがする、これがいい。『いい日旅立ち』を、子どものっけた自転車でデーモン閣下が歌っていたのが印象的。そして写真を撮られて、口ごもってしまうデーモン閣下、悪い事しちゃったかなぁと不安げにうつむく子ども。写真はこうして、家族の大切なシーンを切りとる。

 デーモン閣下が3枚増えたと、警察官を小突くシーンがよかった CM.今ではそんなCMも自主規制とやらで放送できないか。27枚ドリの「エコノショット」と呼ばれた写ルンです

デーモン閣下が3枚増えたと、警察官を小突くシーンがよかった。悪魔でも?!CMの世界、今では自主規制とやらで放送できないか。27枚ドリの「エコノショット」と呼ばれた写ルンです

 このレンズ付きフィルムは望遠付きカメラ、水深3mまで可能のカメラ、接写できるカメラ、パノラマカメラへと、どんどん進化していった。もちろん当時それを他社のフィルムメーカーが黙ってみていたわけもなく、黄色いパッケージのコダック、そして青いパッケージのコニカのレンズ付きフィルムも登場した。「レンズ付きフィルム」という名称は、あくまでもフィルムが主体で、パッケージごと現像処理に出さなければいけないから。

 当時はリサイクルなんて感覚も一般には根付いておらず「使い捨てカメラ」と呼ぶ人もいた。その商品を貶めたい競合が、こうしたアホな言葉を発するんだろう、それが子どものイジメとかに繋がると言う感覚すら持てないんだろうなぁ。今でもAmazonはこの蔑称を使用している。しかし、このレンズ付きフィルムは現像するために写真館やDPE屋さんに持って行くと、使い捨てではなくカメラ本体は回収されてリサイクルされていた。私はストロボの付いたレンズ付きフィルムに入っていた単三電池に助けられた事もある。

 というのは、当時バッテリーは乾電池が主流。音楽会の撮影と録音をする仕事で電池が切れてしまい、ウォークマンの単三電池が今すぐ必要なとき、このレンズ付きフィルムから単三をとりだしたのだ。そんな想い出もあるレンズ付きフィルムである。今では、ニコンの一眼レフカメラでHD動画まで録ってくれる、ありがたい時代だけれど。

当時のフィルム感度の呼び名はアーサー、今は世界標準のイソ、400フィルムのポスター。観月ありさ、目尻のシワがなんとも自然体で、アァ本当に美人な人はトクだなぁと

観月ありさ、目尻のシワがなんとも自然体で、アァ本当に美人な人はトクだなぁと、400フィルムのポスター。


写真は誰でも撮れる文化をつくった
富士フィルム

 1997年にピークを迎えたレンズ付きフィルム「フジカラー写ルンです」は、出荷本数は8960万本を記録している。今でも販売され、またうけている。いまでは写真文化も、iPhoneで撮る時代。もちろんデジタルが主流だが、一部ではまだフィルム方式やインスタント写真も残っている。最新の「フジカラー写ルンです」はイソ1600の高感度フィルムでブレに強い高速シャッター仕様の39枚撮り、価格は1000円前後。1334

 2016年で写ルンですは30周年ということで、発売当時のパッケージに着せ替えできる30周年記念モデルが発売中。買った価格は980円也。

 2016年で写ルンですは30周年ということで、発売当時のパッケージに着せ替えできる30周年記念モデルが発売中。買った価格は980円也。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク