Mattel バービー人形 1959年-

barbie3156

あこがれの存在、世界で1秒に3体売れている
世界一人気モノの人形バービーBarbie

 マテル社の創業者ルース・ハンドラーさんがスイスを旅行した時「リリ」 という女の子の人形を自分の子どものためにおみあげに買った。そのリリ人形を娘さんが大変気に入った様子をみて、彼はバービー人形を創ることを思いついた。「バービー」はニックネームで、本名は【バーバラ・ミリセント・ロバーツ Barbara Millicent Roberts】 という。ルースさんの娘の名前と同じという、とってもいい話し。親は子どものためならなんでもするんですよねぇ。

1959年発売当初のバービー人形、女の子にしては色っぽすぎません?

1959年発売当初のバービー人形、女の子にしては色っぽすぎません?

 そして誕生したのが1959年、当時の価格は3ドル。そうするとバービー人形は2016年で57歳?! これまでの人形と一線を画したのが、洋服を着せ変えることが出来たこと。パリのオートクチュールや時代の最先端のファッションを着こなせたのだ。当時のバービー人形の洋服をつくる担当者はヨーロッパのファッションを取り入れる為に、パリやミラノのファッションショーにでかけていた。

 女の子なら一度は憧れる、プラダやブルガリといったオートクチュルに身をつつみ花道のようなキャットウォークを歩いてみたい。そんな夢をかなえてくれるのがバービー人形なのだ。

barbie3150

 バービーは世界中で1秒ごとに3体売れているという。アメリカで毎年生まれる赤ちゃんの数は約400万人で、その24倍のバービーが誕生している。ただし、世界中で販売されているか、というとそうではなく、やはりセクシーすぎるということで販売を禁止している国もある。

 バーバラ・ミリセント・ロバーツには何人かの彼氏がいる。正式な彼氏はハンサムなケン。ブラジルにはケン公認のボーイフレンド・ボブ。そして、ケンと分かれたバービーはオーストラリア人サーファーのブレインと2年間交際した。その証拠にブレイン人形も発売されていた。彼女は時代を写し出す鏡でもある。

いまではBarbieバービーに成ってしまった人もいる
超有名人元祖バーチャルガールは時代を映す鏡

 いまどきの女の子になったバーバラ・ミリセント・ロバーツは、なんとソーシャルネットワークサービスFacebookページで、元かれケンとの復縁が「2011年のバレンタインデーに正式発表」した。

バービー人形は、着ている服によってそのお値段も上下する。2016年現在で、人形に普段着姿は800円程度、しかしそれが左の華麗な装いとなると5000円。まぁこれは実際のファッションでも同じ話しではありますが。

バービー人形は、着ている服によってそのお値段も上下する。2016年現在で、人形に普段着姿は800円程度、しかしそれが左の華麗な装いとなると5000円。まぁこれは実際のファッションでも同じ話しではありますが。

 しかし、ウェディングドレスを着たバービーも発売されてはいるが、、、いまのところ未婚らしい。こうしたところはアメリカ人?!

 そして、もうひとつ驚くのはバービー人形そっくりのリアルバービー人間もいまでは存在する。美人の国とよばれているウクライナが誇るビックリ美少女といわれているヴァレリア・ルカノワさんは、なんと通称「リアルバービー人形」。

ウクライナがほこる2大ビックリ美少女アナスタシヤ・シパジナさんとヴァレリア・ルカノワさん、確かにお人形さんのようにしゅっとしてはっておキレイです。

ウクライナがほこる2大ビックリ美少女アナスタシヤ・シパジナさんとヴァレリア・ルカノワさん。
確かにお人形さんのようにしゅっとしてはっておキレイです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク