サントリー ピュアモルトウイスキー山崎 1984年-

ピュアモルトウイスキーの雄は
ジャパンウイスキーと言われている

 ジャパンウイスキーが今海外で人気だ。日本のウイスキーの歴史は1923年にサントリーの創業者・鳥井信治郎が京都山崎に蒸溜所を創設したことにはじまった。【ピュアモルトウイスキー山崎】その蒸溜所の名前を冠したウヰスキーが誕生したのが1984年。

蒸溜させるポットスチルと呼ばれる釜@YAMAZAKI DISTILLERY

 
 大麦麦芽・モルトをピートで燻煙して香りをつけたものを発酵させて、ポットスチルと呼ばれる釜で蒸留してつくる。この段階で出来たお酒をモルトウイスキーと呼ぶのだが、むかしはこのピュアモルトウイスキーだけだった。

ウイスキーの原料・大麦を発芽、乾燥させて酵素をたっぷり蓄えた麦芽をつくる。

 19世紀なかばに醸造技術として連続蒸留機が開発されてから、今のウイスキーのカタチ・ブレンデッドウイスキーが主流になる。それは個性の強すぎるピュアモルトウイスキーと、連続蒸留機で出来るグレンウイスキーをブレンドして、癖をやわらげてまろやかさを出すため。

 いまでもブレンデッドウイスキーが主流だが、ウイスキー好きはどうしても昔からの製法のピュアモルトウイスキーを好む。それは銘柄で強い個性があるから。ただし、ピュアモルトウイスキーは値段も高価になる。

 ウィスキーの聖地・スコットランドの真の優れたモルトウイスキーを会員と分かち合うウイスキーソサエティSMWSからも認められた「サントリー山崎」


 ジャパンウイスキーの聖地・京都山崎でつくられた【ピュアモルトウイスキー山崎】は、スコッチウイスキーの高級単独モルトウイスキーと肩を並べ、高い評価を受けている。1984年発売当初の値段は750ml、7500円。

スコッチウイスキーはすこっち、なんてオヤジギャグも今は昔。
蒸留酒の雄ジャパンウイスキーでハイボール

 「スコッチウイスキーは高いから、すこっち」そんなおやじギャグが闊歩し、1980年代はショットバー、カフェバーというものが台頭して来た時代。そこでの一番高い酒はウイスキーだった。

 お酒にはどうしても酒税が含まれているので、時代によって飲まれる種類もちがってくるのではないかとおもうが。そのウイスキーの高級感も今は薄れた。健康ブームがやってきて、日本酒やビールなどが健康の敵のようにみられ、そして医者は焼酎などを勧める。その理由は蒸留酒だからだが、それならウイスキーも勧められて当然なのだが、お医者さんの頭はウイスキーはいまだに高価という感覚があるのかなぜが焼酎をお勧めになる。

三つの川が合流する自然豊かなサントリー山崎蒸溜所は一般見学もできる、ギフトショップも併設されている


 ピュアモルトウイスキー山崎のお値段は発売当初7500円だった。それから30年以上も経てば、1万円以上になってる、と考えるのが普通だけれど。4千円台で手に入る。これを書きながら、当時ワンショット幾らで飲んだか思い出しながら、好きだったマッカランや他のウイスキーの値段を調べてみて驚いた。日本のピュアモルトウイスキーが一番お手頃価格で、いいんじゃないかと思ってしまう。そこで山崎を買って来て、なんとハイボールで飲んでしまった。

 いま流行ってるウィスキーを炭酸で割った【ハイボール】。震災で途絶えた「神戸スタイルハイボール」が復活したり、話題には事欠かない。「神戸スタイル」は震災まで神戸の朝日会館にあったお店、その名も【神戸ハイボール】さんで出していたハイボールのこと。「BARは男の隠れが」と言いながら、佐本進先生に連れていってもらったのが「BAR神戸ハイボール」と「BARルル」さん。ここのハイボールには氷を入れない、その代わりキンキンに冷やしたグラスとキンキンの炭酸でハイボールを作るというもの、これがほんとに美味しかった。
サントリー山崎蒸溜所HP

スポンサーリンク